ErgoDox(本体)が届いたぞ

先月腰を痛めて体に危機感を感じ始めたので、前から気になっていたErgodoxをポチってしまった。 完成品を送ってくれるErgoDox EZで注文。

FalbaTechでも同じく完成品を注文できて、その上カスタマイズできてErgoDox EZよりも安いのだけど、 出来がイマイチみたいなレビューも見かけたので今回は見送り。 Chameleon Foilのケースとかかっこ良くていいんだけどなー

ErgoDox EZを購入した人のブログなどを見ると注文から到着まで1ヶ月半〜2ヶ月ほどかかるとの事だったので、 自分もそのくらいかかるだろうとのんびり待つ気でいたら2週間で届いた。 量産体制が整ったのか、それとも本体とチルトキットしか頼まなかったからなのか。

ちなみにキーキャップはPIMP MY KEYBOARDで別途注文していてこちらはまだ届いていない。 (なのでタイトルが「ErgoDox(本体)になってるわけです)

購入したものをまとめるとこんな感じ。

計$336.06。現在のレートで約37000円。 改めて金額を見ると結構高い・・・けどKinesisとかに比べたら安いし・・・。

これに加えて関税で1100円取られた。 キーキャップも到着した時にいくらかとられるはず。 全体からすると大した額ではないんだけど、大抵すっかり忘れてて予想外の出費になるので精神的に痛い。

パームレストは多分必要になるので別途購入予定。 ErgoDox EZでも売ってるけどすごいくさいという話を聞いたのと、全身真っ黒なのが嫌だったので。

こちらが届いたもの。配送業者はUPS。 サイズ比較のために隣においてあるのはiPhone6S。 結構でかい。

UPSの包装

UPSの包装を解いたらこんなパッケージ。 思ったよりちゃんとしてる。

パッケージ

蓋を開けたところ。 今回パームレストを頼まなかったのでその分のスペースが空いてないみたい? もしくは隙間に詰め込まれるのだろうか。

箱の中身

bundleじゃなくてもチルトキットは最初から取り付けられていた。

チルトキットついてる

裏面。「You rock!」って書いてある。 チルトキットとは別に滑り止めが付いているので角度を付ける必要が無いのであればこのまま置けば良さそう。

You rock!

PCとつなぐためのUSBケーブル(USB/Mini USB, 220cm)と、左右のキーボードを繋ぐためのフォーンプラグ(4極, 100cm)が同梱されてる。

付属のケーブル

あとワッシャーのようなものも。 数からしてチルトキットを取り付けるネジの部分に挟むのだろう。 チルトキットは調整できる角度に段階が付いているので、それ以上の微調整をしたい時に使う、とか?

謎のワッシャー

こんな感じで山谷が刻まれている。 チルトキットのネジにはバネが入っているので、少し緩めるだけでカチカチと回せるようになる。

チルトキットの穴 チルトキットの足

軸は一番軽い白軸にした。 「GATERON」の文字が刻まれている。

GATERON白軸

右上にはプログラムモードに入るためのボタン用の穴が開いている。 左手に見える3つ並んだ丸はレイヤー切替時に点灯するLED。

プログラムモードボタンとLED

レイヤーを切り替えるとこんな感じで光る。 結構強めの光が出るので使っていてちょっと気になるかも。

結構眩しい

キーキャップがなくてタイピングできない状態なので今回はここまで。 初期状態で使える気がしないので使いやすい配置でも考えておこう。

ちなみに今はHappy Hacking Keyboardの無刻印モデルを使っている。 かれこれ5年くらい使っているはず。

追記: 2016-06-05
キーキャップも届きました。

追記ここまで。