#isucon 4決勝にfujiwara組として参加した感想

順位はこちら。 ISUCON4 本選結果 : ISUCON公式Blog 表題の通り感想がメインです。 結果 (2位以上に大差を付けられての)3位だった 推測できたはずのスコアアップポイントに気付けなかった 今年の問題 動画広告配信サービスをいい感じにスピードアップする 動画広告の入稿・配信・レポート機能がある サーバーは3台 残業(開始が遅れたことによる1時間延長)あり やったこと @acidlemonさんの記事を読んでもらうのがいいかと。 Cache-Controlを有効にして高qps勝負に持ち込むところまで行けなかったので、 後半はアプリよりもnginxとベンチマーカーのパラメータのチューニングがメイン。 感想など 複数チーム分同時に走らせていた影響か、 ベンチマーカーの結果が乱高下して打ち手が効いているのかどうなのか 判断できなかったのが残念。 とはいえキャッシュを効かせて帯域勝負を脱していれば そんなことには影響されなかったはずなのでベンチマーカーのせいにはできない。 ネットワーク帯域を使いきっている 使いきらないためには・・・? 動画を送らないというのはどうだろう? というところまでは辿り着いたものの、 動画配信を適度に失敗させてスコアを稼ごう、という ちょっとずれた方向に進んでしまった。 一時期33万点というスコアを出したチームがあったが、 スコアのグラフからはすぐ消されてしまったので、 「桁が変わるようなブレークスルーはないのだろう」と決めつけてしまっていた。 (優勝チームはこれを見てスコアを劇的に延ばすポイントを探しはじめたとのこと) ISUCONだからということで、普通のWebサービスなら普通にやることをやらずに (頭のなかの)ベンチマーカーに対してどうやってリクエストを返すか、 ということに時間を使ってしまったのが敗因ですかね。 順位はともかく出題意図に気付けなかったことがくやしい〜〜!! 運営の皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。 来年もISUCONあるよとのことなのでぜひともリベンジしたいところです。 »

Author image handlename on #isucon,