get-git-ignore というツールを書いた

go 1.3.1 なにか書き始めるとき、小さいものでもとりあえず git で管理するようにしている。 で、ちょっと大きくなると .gitignore ファイルを置く必要が出てくる。 このときいつも github/gitignore から 該当言語を探して raw の URL をたどってダウンロード、というのをやっていたのだけど、 いいかんげんめんどくさくなってきたので楽して取ってこれるツールを書いた。 go の練習も兼ねてる。 https://github.com/handlename/go-get-git-ignore REAMEにあるように言語一覧のファイルを用意して設定を .zshrc に書くと、 こんな風にこんな風にインタラクティブに絞り込んで目的の言語の .gitignore を取ってくることができる。 peco 便利。 言語一覧ファイルの生成機能くらいはつけてもいいかなーと思ったりしてる。 言語一覧ファイルは不要になった。追記参照。 追記 2014-08-21 mattn さんに プルリク を頂いて、 .gitignore.list を用意する必要がなくなりました。 しれっとコマンド中のエラー処理とか、net/http のレスポンスの処理とかも 直してもらっててありがたや〜 追記 2014-08-22 ブコメで知りましたが、 gibo コマンドラインツール gitignore.io Webサービス/APIあり などの便利ツール・サービスが有るようです。 便利な世の中だ。 »

zshrcにwidget定義して2ストロークでghq list -> pecoで絞り込み する

pecoとghqを組み合わせると便利やで〜 というはなしを聞いてはいたものの、まだ手を出していなかったので。 zshでzawを使っていて、gitのbranch切り替えとかは bindkey '^xb' zaw-git-branches みたいな感じでやっていたので、それに合わせてghqで管理しているディレクトリに飛べるようにした。 function _peco_ghq_list () { cd $(ghq list -p | peco) } zle -N _peco_list_ghq bindkey '^xg' _peco_ghq_list Ctrl-x g でcloneしたディレクトリ一覧が出て、選択すると移動できる。 便利。 参考 https://github.com/peco/peco https://github.com/zsh-users/zaw http://webtech-walker.com/archive/2014/06/peco-ghq-gh-open.html »