get-git-ignore というツールを書いた

go 1.3.1 なにか書き始めるとき、小さいものでもとりあえず git で管理するようにしている。 で、ちょっと大きくなると .gitignore ファイルを置く必要が出てくる。 このときいつも github/gitignore から 該当言語を探して raw の URL をたどってダウンロード、というのをやっていたのだけど、 いいかんげんめんどくさくなってきたので楽して取ってこれるツールを書いた。 go の練習も兼ねてる。 https://github.com/handlename/go-get-git-ignore REAMEにあるように言語一覧のファイルを用意して設定を .zshrc に書くと、 こんな風にこんな風にインタラクティブに絞り込んで目的の言語の .gitignore を取ってくることができる。 peco 便利。 言語一覧ファイルの生成機能くらいはつけてもいいかなーと思ったりしてる。 言語一覧ファイルは不要になった。追記参照。 追記 2014-08-21 mattn さんに プルリク を頂いて、 .gitignore.list を用意する必要がなくなりました。 しれっとコマンド中のエラー処理とか、net/http のレスポンスの処理とかも 直してもらっててありがたや〜 追記 2014-08-22 ブコメで知りましたが、 gibo コマンドラインツール gitignore.io Webサービス/APIあり などの便利ツール・サービスが有るようです。 便利な世の中だ。 »

emacs から git diff を開く

emacs 24.2.1 git 1.8.2 tmux 1.7 iTerm 1.0.0.20130319 emacs から tig blame を開く - handlename's blog の派生。 diff も見れたら便利なんじゃないかということで追加してみた。 ついでにリファクタリング。 tmux にコマンド送るのは他にも色々応用できそう。 »

emacs から tig blame を開く

emacs 24.2.1 tmux 1.7 iTerm 1.0.0.20130319 tig blame が便利らしいということで、emacs からさくっと開けるようにしてみた。 git-project-p はこちらから拝借。関数名は変えてある。 http://shibayu36.hatenablog.com/entry/2013/01/18/211428 べんり〜 »

マージ済みのブランチをまとめて削除する便利スクリプト書いた

git 1.8.1.1 perl 5.16.2 マージ済みのブランチを消したい。 リモートリポジトリにあるのもいっしょに消したい。 というのを叶えるために簡単なスクリプトを書いた。perl。 https://github.com/handlename/bin/blob/master/delete-merged-branches ドライラン delete-merged-branches --dryrun リモートのブランチも消す delete-merged-branches --remote 特定のブランチは残す delete-merged-branches --ignore 'important-branch' カレントディレクトリが git リポジトリなのかどうかの判別はしていないし、 master にいるのかどうかもチェックしていないけど、必要になったら追加する。 »