Oh, Keycaps! で完成品dactyl manuformを買った

先日、10月にOh, Keycaps!で注文したdactyl manuformが届いた。 https://ohkeycaps.com/ しばらく音沙汰がなくてそろそろ問い合わせたほうがいいのだろうかと思い始めていた矢先に届いたのが先週の話。 改めて見るとサイトには「Current estimated wait time is 10 weeks!」と書かれていたので、3ヶ月はオンスケだった。 購入したものは以下の通り。 TRRSケーブルもまとめて買いたかったが、品切れしていたので別途Amazonで購入。 品物 価格 Built-to-order Dactyl/Manuform Keyboard × 1 $350.00 SA Individual Blanks × 64 $69.30 TRRS Cable × 1 980円 USB-A, Micro USB-B Cable × 1 999円 ケーブル類はAmazonで見つけたのを雑に買ったもの。 いま見るとだいぶ高い・・・。 これに加えて関税が4000円弱。 外箱はAmazonの段ボール箱だった。 税関で開封されたのでそういうテープが貼られている。 中身。 軸はCherryの茶軸にした。 キーキャップをはめてみた様子。 カーブしているのでキー同士がとても近い。運指は楽になりそうだけど、慣れるまでは打ち間違いが多そう。 ミスって1.5uではなく2uのキーキャップを注文してしまった・・・。間に合わせで1uをはめたので端のキーがひとつ足りない。 PCと接続するためのmicro USB端子と左右のキーボードを繋ぐTRRS端子。 裏面はネジ止めされている。 裏蓋を開けて配線の様子。 »

awscliのコマンドをfzfで選択する

awscliのコマンドはとにかく多い。 到底覚えられないのでドキュメントを頼りに目当てのコマンドを探すことになるのだが、 いちいちリンクをクリックしてドキュメントをたどるのはたいへん面倒。

aws — AWS CLI 1.16.190 Command Reference

これを解消するために以前Alfredでawscliのリファレンスを開くWorkflowを作った。

AWS CLIのリファレンスを開くAlfred Workflowを作った · blog.handlena.me

Alfred Workflowだけでも十分便利なのだが、 最近zshからfishに、pecoからfzfに乗り換えたので、 練習がてらfish+fzfで同様のことをやってみることにした。

config-fish/config_aws.fish at master · handlename/config-fish

»

ブログをSSL化した

やらなきゃなーと思っていたこのブログのSSL化をようやくやった。 S3の静的ウェブサイトホスティングだったので、 ACMで証明書を発行してそれを使ってCloudFrontを通して配信している。

つまづきポイントは以下の3点。

»

paho.mqtt.golangからBeebotteに接続する

BeebotteのMQTT channelに接続するためには、Channel Tokenが必要。 これをpaho.mqtt.golangから指定するためには、 SetUsername関数にtoken:CAHNNEL_TOKENの形で渡せばいい。

opts := mqtt.NewClientOptions()
opts.AddBroker("ssl://mqtt.beebotte.com:8883/CAHNNNEL/TOPIC")
opts.SetUsername("token:CHANNEL_TOKEN")
client := mqtt.NewClient(opts)
...
»

ISUCON7 本戦スコア0

11/25にLINEの新宿ミライナタワーオフィスで開催されたISUCON7本戦。 結果としては最終スコア0(おそらくベンチマーク後の整合性チェックでfail)だった。 チームはfujiwara組。

»

Author image handlename on #isucon,