Macbook Pro Early 2015をセットアップするときにやったこと

メインマシンがMacBook Air 2011から MacBook Pro (Retina, 13-inch、Early 2015)に変わったので セットアップ時にやったことをメモしておく。 MacBook Airの時のメモはこちら MacBookAirを買ってからやったこと Airの時は結構細かく書いているが、 今回は設定ファイルはBittorrent Syncで共有するだけだし アプリはhomebrewで入れるだけなのであまりやることがない。 いつもの CapsLockをCtrlに変える マウスカーソルの大きさを変える システムフォルダ名を日本語に コンピュータ名を変更 やり方は先に書いたAirのエントリを参照。 タップでクリック Airのに書いてなかったけど変更してる。 システム環境設定/トラックパッドのタップでクリック。 クリックよりタップのほうが楽。 Slack 最初のデータ(主にテキスト)のやりとりに使う。 調べ物などは環境が整っている既存のマシンでやったほうが早いので、 旧マシンで調べてSlackで適当なチャンネルに書いて新マシンで実行なり保存なり。 メールで送ったりファイル共有したりsynergyを使ったりなどほかにも方法はあるが、 履歴が残る方法を使うとあとあと調べるときによさそう。 そのほかAppStoreから色々入れる 1Password Dash Degrees Weather Pocket Pushbullet Todoist Xcode AlfredはPowerPackを使いたいのでbrew caskで入れる。 locateを有効にする 初期状態ではlocateコマンドが使えない(DB更新サービスが動いていない)ようなので、 手動で有効にする。 色々ファイルを入れる前にやっておくのがよさ気。 $ sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.locate.plist homebrew http://brew.sh/ これがないと始まらない。 なんかいつの間にかサイトが日本語対応しててびっくりした。 homebrewで色々入れる brewdlerにおまかせ $ brew tap Homebrew/brewdler $ brew brewdler いまのBrewfileはこんなの »

Author image handlename on #mac,

homebrew ディレクトリを home ディレクトリ以下に移動したメモ

追記 こんなエントリを書いておいてなんですが、 結局 /usr/local 以下にインストールし直しました。 libディレクトリの位置が変わったりして、 正常にインストール出来ないパッケージがあるようなので。 brew doctor したときも、デフォルトの位置から移動していると次のような警告が出ます。 Warning: Your Homebrew is not installed to /usr/local You can install Homebrew anywhere you want, but some brews may only build correctly if you install in /usr/local. Sorry! 追記終わり remote リポジトリを追加したり、自分で書いた Formula を commit したりしてたら brew update するたびにコンフリクトするようになってしまったので、入れなおすことにした。 ついでにホームディレクトリ以下に設置するにする。 /usr/local 以下の homebrew を削除 削除する前にインストール済みのパッケージをメモしておく。 $ brew list > ~/backup/homebrew/installed.tet 古い homebrew & インストール済みパッケージ を消す。 こちらのエントリの「Homebrewのアンインストール」を参考に。 Homebrewの導入と使い方 | CAPH TECH rm する部分は念のためバックアップディレクトリに移動するだけにしておいた。 »

homebrew の Formula を追加する

MacBook Air にしたときに macports から homebrew に乗り換えた、が、 macports に比べて homebrew ははじめから入っているパッケージが少ない。 入っていないものは自力でコンパイルすればいいのだけれど、 homebrew で入れたものと自力で入れたものが混ざってなんだかいやだ・・・。 そんなときは自分で Formula (パッケージ(のようなもの)を定義するRubyファイル) を書けばいいのです。 <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/macports">macports</a> でもパッケージを追加したりできたんだろか…。<br /> 調べずに移行してしまったのでその辺はわからず。 </blockquote> 参考ページ。本家。 https://github.com/mxcl/homebrew/wiki/Formula-Cookbook 以下は apache の Formula を書く手順。 内容は参考ページに書いてあることほぼそのまんま。 ソースのURLを指定してcreate $ brew create http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache//httpd/httpd-2.2.19.tar.gz実行すると Formula のひな形が $EDITOR で開かれる。 require 'formula' class Httpd < Formula url 'http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache//httpd/httpd-2.2.19.tar.gz' homepage '' md5 'e9f5453e1e4d7aeb0e7ec7184c6784b5' # depends_on 'cmake' def install system "./configure", "--disable-debug", "--disable-dependency-tracking", "--prefix=#{prefix}" # system "cmake . »

Macでgdbにプロセスの制御権を与える

前回の記事で出ていたエラーメッセージについて、解決したので。 darwinでgdbを使って デバッグする = プロセスを制御する ためには権限が必要なんだそうです。 Building GDB for Darwin - GDB Wiki なので、gdbを実行するときに $ sudo gdb hogehogeとすればデバッグはできるのですが、わざわざ管理者権限でデバッグするのは嫌><!ということで、証明書をつくってプロセスの制御を許可する、というのがスマートな方法らしいです(ということがまんま上記のページに書いてあります:p) せっかくなので証明書のつくりかたと登録の方法をSS入りで。 証明書の作成 キーチェーンアクセスでつくります。 キーチェーンを起動して、 キーチェーンアクセス > 証明書アシスタント > 証明書を作成...を選択。 名前: gdb-cert (わかればなんでもいい) 固有名のタイプ: 自己署名ルート 証明書のタイプ: コード署名 デフォルトを無効化: チェックを入れる として「次へ」。 「証明書の場所を指定」の画面になるまで「次へ」でOK。 「証明書の場所を指定」の画面になったら キーチェーン: システム として「作成」。 証明書の設定 キーチェーンから先ほどの gdb-certの証明書 を探し出して、プロパティから「情報を見る」を選択。 「信頼」の項目について、 コード署名: 常に信頼 としてウィンドウを閉じる。 これで証明書の準備はOK。 証明書の登録 作成した証明書をgdbの実行時に使うように設定。 $ codesign -s gdb-cert `which gdb`以上で gdb で sudo せずにデバッグできるようになります。 »

MacBookAirを買ってからやったこと

新しいMacBookAirを買ってから1週間ほど経ったので、その間やったことをまとめてみます。 スペック 11インチ Core i7 1.8GHz メモリ4GB SSD256GB ベンチマーク とりあえずベンチマーク。 GeekBenchを使用。 MacBook Air4,1 MacBook Pro (13-inch Mid 2009) Score 5822 3554 Integer 4330 2915 Floating Point 8039 5241 Memory 5201 2589 Stream 4536 1823 速い。 »

Author image handlename on #mac,

Test::mysqldを永続化しつつメモリ上で動かす

Test::mysqld を別ウィンドウで立ち上げたら開発時の prove が快適過ぎる件 - Craftworks Tech Blog - Branch OSX で tmpfs 的なことをする方法 - unknownplace.org OSX で tmpfs 的なことを試してみる - すぎゃーんメモ を参考に、Test::mysqldを使い回しつつメモリ上のディスクで読み書きするようにしてみた。 メモリ上に仮想ディスクをつくってマウント man 8 hdid に書いてあるものをほぼそのまま利用。 hdimount #!/bin/sh NUMSECTORS=128000 mydev=`hdid -nomount ram://$NUMSECTORS` newfs_hfs $mydev mkdir /tmp/mnt mount -t hfs $mydev /tmp/mnt ~/bin に置いて $ hdimountでマウントできるようにしておく。 Test::mysqldの起動 これも参考記事のものをそのまま利用。 テスト本体の方ではrunnerでつくったTest::mysqldインスタンスを使うようにしておく(上記の参考記事参照)。 mysqld_runner.pl #!/usr/bin/env perl use strict; use warnings; use FindBin; use lib "$FindBin::Bin/../lib"; use File::Spec; use JSON; use Koshien::Test; my $tempfile = File::Spec->catfile(File::Spec->tmpdir, 'test_mysqld. »

iTerm2 で &quot;login: No such file or directory&quot;

いつからかiTerm2を起動すると ## exec failed ## login: No such file or directoryと出てすぐに終了するようになってしまっていた。 まあいいや、と思って標準の Terminal.app を使っていたが、iterm2のalpha17のアップデートが神 - soh335 memo らしいので、再び使えるようにちょっとググってみた。 で、引っかかったのがこちら。 mac - iTerm2.app stopped working - Ask Different 設定ファイル (~/Library/Preferences/com.googlecode.iterm2.plist) を削除する方法は効果がなかった。 ~/.MacOSX/environment.plist を preference list editor で見ると PATH の部分が空欄になっていたので、この項目を削除したら起動するようになった。 »

Author image handlename on #mac,

Macでsudo-ext.elを使う場合

maeshimaさんの記事と、それに対する rubikitchさんの記事を見てMacでsudo-ext.elが使えるか試してみた。 たしかに、ただsudo-ext.elを入れただけでは使えない(emacsがフリーズ)。 で、最終的に使えるようになった手順は以下の通り。 portでsudoをインストール sudoeditを使うため。 $ sudo port install sudo sudoersを編集 visudoでsudoersファイルを編集する。 このときファイルを指定して編集するようにする。 $ sudo sudoedit -f /etc/sudoersファイルを指定しない場合、/opt/local/etc/sudoersが編集対象となる。emacsからsudoeditする場合はこちらのファイルは見ていないようなので、先ほどのようにファイルを指定して編集する必要がある。 sudoeditを起動したら「User privilege specification」の下に自分のユーザー名(またはグループ)を追加する。 # User privilege specification root ALL=(ALL) ALL %admin ALL=(ALL) ALL handle ALL=(ALL) ALL # <= 追加これでemacs上で M-x sudoedit が動くようになった。 »

MacBookをdvorak配列にする。

MacBookでdvorakを使う方法を紹介します。 入力ソースの切り替え OS側でキーボード配列を変更します。設定しなきゃいけない場所は2カ所。 IMEの設定 ことえりを使っている場合は、 「環境設定」→「入力設定」→「英字入力時のキーボード配列」 をdvorakに。 ATOKを使っている場合は、 「環境設定」→「入力・変換」タブ→「入力補助」→「キーボード配列」→「英字入力時のキーボード配列」 をdvorakに。 入力ソースの設定 「システム環境設定」→「言語とテキスト」→「入力ソース」 で、「US」のチェックを外し「dvorak」にチェックを入れます。 これで入力がdvorakに変わります。 日本語入力時だけ、あるいは英字入力時だけqwerty配列に戻ってしまう場合は、 メニューバーの入力ソースのアイコンをクリックして、一度dvorakを選択してからことえりなりATOKなりに戻すと 常にdvorakで入力されるようになります。 キートップの入れ替え せっかくなのでキートップも入れ替えてしまいます。 MacBookの場合(というかほとんどのパンタグラフ式のキーボードに共通ですが)、 キートップは爪に引っかかっているだけなので引っ張れば簡単に外れます。 ただ、引っ張る際に力を入れる方向を間違えると爪が折れてキートップを戻すことができなくなるので、 外す場合は充分に注意して行ってください。 このように左端を持ち上げて引っ張ります。 経験的に、左下の方を引っ張るとすんなり外れるようです。 仕上げにホームポジションの目印をつけて完成です。 無いと落ち着かないんですよね、これ。 ちなみにこの目印は100円ショップで売っていたドームシールです。 そのほかの設定 IMEの設定でカ行をCで打ち込むようにしたり、 Ukeleleなんかを使ってCとKを入れ替えたりするとより使い勝手がよくなります。 おわりに とっても打ちやすいdvorak配列なのですが、 もともとqwertyでタッチタイプができる人だと完全に移行するまで入力がものすごく遅くなります (じっさい、dvorakに切り替えてから1週間ほどですが、この文章を打つのにも1時間くらいかかってます)。 今回、実際は必要のないキートップの入れ替えまで行いましたが、 途中で投げ出さないためにもこのめんどくさい方法は有効なんじゃないでしょうか。 »